(仮)f4650の日記【「46にもなって、急に発達障害ではないかと…」から数年、50にもなると…。】

(仮)発達障害のグレーゾーンという中途半端 な状態で、今後どのように人生生きていくか

法令やら契約に厳密になってくるのでしょうね、

少し前から、

隣の国、韓国の動きに興味があり、ネットでいろいろ情報を得ています、ネットなので、話半分くらいですね、

 

韓国の方々の思考が、不思議と面白い、

反面教師的に見ています。

 

最近は、近代国家である韓国がどうなっていくのか、興味がありますね、

また、どういう経緯であのような国になったのかも、

 

現在、よくわからないですが、

日本からある種の原料、輸出が厳密になっているようですが、韓国が感情的な対応に対して、日本はただ条約やら条例など法規に即した対応をしていると思います。

 

このような事柄のほかに、平成の時には、建築基準法の偽装やら、どこかのクルマメーカーの資格なしの方の検査など、かなり法令逸脱した事柄があったと思います。

またここ数年では働き方改革などから残業時間も厳しくなっています、

 

令和になり、対外的にも大きな変化があり、

日本人の考え方も、かなり変わってくると思います。根拠があまりないので感覚的に思っています。

今回の事柄を踏まえて

日本の国内にては、様々な事柄、法令やら契約やらが厳密になり、それを守るのが当然というような考え方になっていくように感じています。

 

良いのか、悪いのかわかりませんが、

良い方向に向かっていることを

 

 

いらいらばかり…、

いらいらばかり、

 

また、なぜかここのところ、

指先、爪の怪我が多いら怪我というより深爪したとか、爪を剥いたとか、爪に血豆を作ったなど軽微なものです。

 

不注意なのだが、嫌な感じばかり。

 

 

なんだか…、昼休みの電話はありか?、

午後一番に打合せの関係があり

昼休み中、12時55分、

社内の担当者に電話して確認をした、

 

電話が終わり、社員の方から、

「今の電話、緊急の電話だったのですか?数分少し待ってから電話した方がいいんじゃないですか?」

といわれた。

 

要は、昼休み中に問い合わせることは失礼にあたり、そのまま切られかねないという。

 

社内だし、昼休み中申し訳ないと前置きしての電話ということ、知らなかったのだろう、

直前にならないと、物事把握出来ず、段取り出来ないのは自分では充分把握している。自分としては緊急の電話なのだが、

側から見ると、なにこいつって思われるのであろう、

それは別として、打合せに必要な問い合わせはすみ…

 

 

打合せ終了後、釈然としない気持ちだけが残る。気持ちに整理がつかず、不貞腐れて少し早めの退社する。

 

やれやれ、昼休みの問合せの電話すら物言いがはいる、ずいぶんと世知がない状況になったものだ、

それが社会の一般常識なのだろうか?

 

 

 

 

 

体に気をつけて、といわれて…

ここ1〜2週間体調というよりも、むしろ精神衛生的に参っていました、

 

今日、施主担当者に資料を集めて説明に行った、施工担当も同行してくれ、施工の詳細について、うまく話を合わせ補足してくれた。(施工担当者に資料の追加など、忙しい中対応してくれ、申し訳ないが、監理の立場致し方ない。)

施工担当者が退席した後、いくつか問題になりそうな不明について確認いただくよう依頼した。内容的には、そんなことも確認していなかったのか?と言われかねないことであり、恥ずかしいが、経緯などは別とし、出来るだけ今できること、想定出来る問題について、説明した。

施主担当者から、来週早々に確認すると話があった。問題にならなければ稀有に終わるが、確認していただくに越したことはない。

 

帰り際に、その施主担当者から、体に気をつけてくださいと言われる。なんか図星って感じがした。

 

施主担当のその方は、前のジョブで検査員として、顔見知りだった方、御年配の方ですが、間違った判断はしない方であると思っています。そんな方から、体に気をつけてとか言われ、少しウルウルしてしまいました。

血圧は高くなるわ、モチベーションは下がりガチですが、施主担当者には、少なくともご迷惑をかけないようにと思っています。

 

基本的に会社レベルの話は気にしてなく、それぞれの会社の担当者、現場に直面している人たちに、'(施工担当者も含めて)、迷惑がかからないようにと思っています。

 

社内的には、既に赤ようですが、まぁ〜、それを咎める人もおらず…、それが1番の問題なのかもしれないのですが、いろんな意味で、設計事務所、甘い体質の会社なのでしょうね、

 

 

 

 

 

それは俺の仕事ではない、同じ会社の同じジョブ担当者が、整理し結論を出し、

施主に了解を得ることではあるのですが、

施工者から、

遅ればせながら、

昨日、テレビで「君の名は」を観た

みたことのある東京の風景と

早い展開、なかなか見ごたえがありました。

いろんなものが、繋がっていく感じ、

ワクワクはしましたが、

まぁ、作り話、映画ですね。教訓とすることはないです。