(仮)f4650の日記【「46にもなって、急に発達障害ではないかと…」から数年、50にもなると…。】

(仮)発達障害のグレーゾーンという中途半端 な状態で、今後どのように人生生きていくか

会話するときの人数、

一昨日前、5人で飲んだ。

私以外は他の部署、内2名は旧知の中で入社した時に同じ部署でした。

なかなか会話に加わるのが難しい…

 

昨日は同じ部署、御年配の方と2人で軽く飲む、部署の愚痴が大半を占める、会話は楽ですが、ボールを投げられたら返さないとならないあんまり黙りこむもよくないし…

 

会話するときは、3名くらいが妥当かなと思った。また共通の話題が必須ですね。

 

 

追記

通院していた時、何かの折に主治医の方に

実際自分との会話で発達障害がわかるのか?とたずねたことがあった。

複数の人との会話だとわかることがあるといわれた、難しい会話などは極力一対一で話すようにした方がいいのかもしれない。

 

 

 

 

 

朝方、夢をみた。あまり良い夢ではなかった

 

通勤電車でトラブルにあって、ある駅ホームで復旧を待っていた。

理由はわからないが、乗客が線路の上におりていた。

そこに何故か電車が突っ込んできて、乗客が多数タヒ亡。

意外とあっけなく、離れていたこともあり、そんなにグロくもない、

 

夢からさめて、通勤電車で夢でみた駅付近に差し掛かったとき、嫌な感じはした。ただそれ以外何もなく通過する。

 

あらためて考えたら、ニュース番組で歩道の保育園児に突っ込んだクルマの事故が記憶に残っての悪夢だったのだろう。

 

 

 

 

 

再出発、まだ先は見えない…ただ目的地は発達障害の対策ではなく、人間関係やらうっかり忘れ、スケジュールやらメールの返信などそのような事柄になる。

出来るだけ、箇条書きに、

 

そして続けること、

 

チェックして実行、

 

出来るだけルーチンに落とし込み落ちのないようにする。

ザックリこんなところですね、

 

余談

たまたま、通院の最終が平成終わり少し前、元号が平成から令和になり、再出発にふさわしい

通院終了…、

昨日、クリニックへ、

診察とカウンセリングでした。

長く2年弱の期間でしたが、通院は最終回になりました。

 

カウンセリングでは、主に仕事のこと、

やはりそもそも業務内容が曖昧なこと、部署の力関係やらが根底にあることを認識する。(また対社外的な対応などもあり一層複雑である)

 

診察も、総括的に、クスリの効果が感じられないこと、カウンセリングも考え整理程度で、目立った効果なし。ただ吹っ切れ感、発達障害とか、どうでもいいって感じになっていること話をして終わりとした。

とりあえず、通院診察終了。

 

 

 

 

仕事の山がひとつ越えた…。気持ちに少しゆとりが生じたので、軽めの本でも…

一昨日前、仕事の山がひとつ越えた。

 

業務の検査の受検であり、NGが出るとお金がもらえない、(基本NGはでないのですが、それなりに厳しい検査です。

 

まぁ、ひと山越えも、ほかの仕事を止めていたこともあり、忙しさは変わらない。

 

少し気持ちにゆとりが生じたので、

軽めの本でも読むようにします。

 

f:id:f4650:20190418084856j:image

映画にもなった、二回ばかり読んだのですが、再読

 

 

 

 

どうでもいいと…、最近思うのだが。

最近、発達障害とか、どうでもいいように感じるようになった。

 

発達障害だとか、ではないとか、グレーだとか

その原因だとか、社会的にどうのこうの…。

 

本当に、その事象で困っていれる人には申し訳ない(本当は申し訳ないなんて思っていないのだが、形式的に謝りです。)が、グレーの人にとっては、やはり、どーでもいいことだと思う、少なくとも、自分は…、自分がそう思ったのだから仕方ない、自分本位で結構!他人がどうのこうのの話ではないし、

突き詰めていくと、自分のポカは自分に返ってくるし周りにも迷惑かけるが、それはそれで仕方ないこと、他の人がやったからどうのこうのということもないし、まぁ同じ結果だと思うし、

 

早く、そのようなしがらみから、

開放されるように、メンタルを整理しておくといいのだろう、

 

世渡りのうまい人もいるし、下手なへっぽこもいるが、それはそれで仕方ないこと、

適当に適切に淘汰されるなりなんなり、それも仕方ないことで個人がどうのする話でもない、

 

まぁ、開き直って再度リセットするのだろう

 

あとは、鼻歌でも歌いながら、つらくても知らぬふりでもいいのだろう、