(仮)f4650の日記【「46にもなって、急に発達障害ではないかと…」から数年、50にもなると…。】

(仮)発達障害のグレーゾーンという中途半端 な状態で、今後どのように人生生きていくか

カウンセリングその4

 カウンセリングを受ける。4回目、いろいろ言われていたことは、その日のうちに、コーヒー屋で概ねまとめていた。約1カ月前の記載のため詳細はあまり覚えていない、読み返して思い出しながら話をした。

はじめに自分のやりかた考え方を示す。

その後 大きく、

①捉え方の違いについて、

②会話など対人関係、

③会話など練習、頭の整理、

を話す。

他の人との捉え方の違いについて、宿題になったが、少し自分の考えていたことと違っていた。認知の違いではない、

物の見方捉え方、切り取り方の違いという。

 

今回、少し驚いたのは、前回話をした

引用を元をはっきり伝えること、ようはテレビを見て得た情報などそのまま言うことは嫌だと。カウンセラーから、それは普通はないといわれた、

言われてみると、趣味の陶芸でも、技法は真似ることはあるが、作品に込める気持ちは自分の考えや思想を反映させたいと思っている、多少は関係するのだろう。とそのあたりの趣味の話もする。

 

会話などは、やり方や対応のテンプレートを作成が良いと言われる。返答出来ない場合は、時間をもらって後で回答するなどするとか…、

また、会話の練習などは効果が不明といわれた、主治医と同じ見解、学術的にはそうかもしれないが、実学、実際は何もしないよりマシと思う、かといって練習、音読など自分の考えている練習訓練はしていない、σ^_^;

 

 

参考時間、夜7時のカウンセリングの場合

帰り、コーヒー屋にて、コーヒーを飲みながら、まとめをするが、整理が追いつかず、そうそうに帰る。仕事が残っているので仕事場に、7時からのカウンセリングで、仕事場を6時に出た、7時少し前に到着、8時少し過ぎカウンセリング終わり、コーヒー屋にて1時間半ほど整理まとめ、10時少し前に出る、

10時半仕事場に到着、書類とメール送信、12時少し前に出る

12時半帰宅、

 

余談

 薬の処方、診察を受け、今のままコンサータ3錠、仕事仲間から落ち着いてきたね、といわれたことを話し、少し効果が現れてきたようですと話をした。