(仮)f4650の日記【「46にもなって、急に発達障害ではないかと…」から数年、50にもなると…。】

(仮)発達障害のグレーゾーンという中途半端 な状態で、今後どのように人生生きていくか

カウンセリングって…、問題解決など本当は自分の目の前にあるのだけれど気づいていないか、無意識に気づかない振りをしていることを、示してもらう感じかも…

じつは今まで、カウンセリングって、あまり意味ないものと認識していた。

カウンセラーの方は、自分を知っているわけではないし、自分の知り合いからヒアリング調査をしているわけでもない。自分の話す内容以上は情報を知らないわけだから、そもそも何なのだろうと思っていた。

(また当然、自分のことは自分が一番よくk知っていると思っている。)

 

数回カウンセリングを受けて感じたことですが、カウンセリングって、もう既に問題解決については目の前にあるのだが気がついていない(または無意識に気づかない振りをしている)こと、それをカウンセリングであなたの欲しい回答はこれですよと示してくれるようなことなのかもしれない。

 

問題解決のやり方など、既に目の前にあるのだ…、

それをあとはどう実際にしていくのか、どのように継続していくのか

それらが、次の対応になるのだろう。うまく、薬と呼応して効果があるといい。